丹波篠山の宿は集落丸山で。限界集落を再生した古民家の宿で古きよき暮らしのひとときをご堪能ください。

目次へ

集落丸山ブログ

2011年2月アーカイブ

【ファームステイ】ベトナム来訪団御一行様

集落丸山 (2011年2月21日 13:06) | コメント(0)

 財団法人日本国際協力センター(JICE)様からのご依頼を受け、
 集落丸山にてベトナム来訪団の受入れを行いました。

 今回の御一行はベトナムに戻られてからは、皆様がメディア関係のお仕事に就かれるとのことで、
 受入れ側の我々も若干の緊張と大きな期待を胸に集落一同でお出迎えを致しました。

 予定時刻を10分ほど過ぎて、御一行様が到着。
 丸山で滅多に見ることのない大型バスでお見えになられました。


 「おかえりなさい。ようこそ、集落丸山へ!」

RIMG0390.jpg
RIMG0392.jpgRIMG0394.jpg

 

 チェックインをお済ましになり、各お部屋にてほっと一息つかれた後で、交流会の始まりです。
 御一行様以外にも、篠山国際理解センター、丹波新聞、集落の住人など、総勢30名ほどの宴です。
 料理は福住にある絶品精肉店・たなか精肉店様の鶏を使った鶏鍋です。
 日本の方はオーソドックスにポン酢でさっぱりと、ベトナムの皆様は持ち込まれたナンプラーをたっぷりと。
 美味しい料理と尽きない会話で交流会は夜が更けるまで続いたのでした…。

RIMG0430.jpgRIMG0414.jpgRIMG0412.jpg

 

 翌日の朝。
 ベトナムの皆様のたっての希望で、丸山集落周辺の里山散策を行いました。
 聞くところよによると、ベトナムの山には登山道などが整備されていないのが一般的で、
 日本の山のように人間の手が入った山は大変珍しく見えるそうなのです。
 なにはともあれ、自治会長の佐古田様のガイドのもと、小一時間程度の里山散策の始まりです。 

RIMG0444.jpgRIMG0448.jpgRIMG0452.jpg

 

 プログラムはまだまだ続きます。
 清々しい散策を終えられた後は、鳳鳴高校の茶道部の先生を講師にお招きし、
 専用の炉が切られた宿泊棟「ほの穂」にて、お茶会体験をして頂きました。
 This is Japanese Culture !

RIMG0488.jpgRIMG0484.jpgRIMG0490.jpg

 

 そして、あっという間の1泊2日の滞在を締めくくる体験プログラムが始まります。
 お茶と並ぶ日本伝統的文化、「MOTITUKI」 そう、餅つき体験を行いました。
 ベトナムの一部の地域には、餅つきと同じような文化があるそうなのですが、
 今回の皆様はどの方も初めてということで、大変興味深そうに参加されていました。

RIMG0496.jpgRIMG0509.jpg

 

 楽しい餅つきの後はもちろんみんなで試食会です。
 丸山特製の黒豆黄粉、おろし醤油、砂糖醤油をつけて出来たてをほうばります。
 熱々の豚汁と一緒にお腹いっぱいになるまでたくさん食べました。

RIMG0520.jpgRIMG0518.jpgRIMG0525.jpg

 

 最後にベトナムの皆様から集落丸山への温かいお言葉を頂き、今回のファームステイはお開きとなりました。
 御一行様はこの後に神戸に移られ、新聞社などのメディア関係の企業の見学をされるとのことです。
 ベトナムに戻られてからの皆様のご活躍を願っております。
 また、集落丸山へ再び遊びに来らることを集落一同心よりお待ちしております。
 今回は本当に有難うございました!

RIMG0536.jpgRIMG0545.jpgRIMG0552.jpg

 

フィトテラピー・セミナーin集落丸山

集落丸山 (2011年2月 9日 18:01) | コメント(0)

 兵庫県の芦屋市にてフィトテラピーサロン「デイ・エステ・ガーデン」を運営されている平垣美栄子様(ヒルデガルドフォーラムジャパン)をセミナー講師としてお招きし、出張フィトテラピー・セミナーを集落丸山にて開催致しました。

  フィトテラピーは、ハーブをはじめとする植物の治癒力を使って、体の不調、皮膚のトラブル、病気 の予防などに活用していくヨーロッパ育ちの伝統医学です。その中でも平垣様は、900年前の中世ドイツのベネディクト会系女子修道院長で「中世ヨーロッパ 最大の賢女」とも謳われた聖ヒルデガルドの研究・普及・啓蒙活動を行っておられます。

 会場となった宿泊棟「ほの穂」
 こんな純和風の建物の中で、中世のドイツで花開いたフィトテラピーのセミナーが開催されたのです。

RIMG0327.jpg

 

 まず最初は平垣様による聖ヒルデガルドについての座学が行われました。
 初めて聞く聖ヒルデガルドの逸話の数々に参加者の皆様も興味深々です。

RIMG0332.jpg
RIMG0338.jpg

 

 続いては、天然素材のみを使用した軟膏(クリーム)作りに挑戦です。
 材料は、精油とバターと蜜蝋とお水のみ。とは言え、それぞれが上質なものばかり。
 「今回のセミナー用に」と平垣様がご好意で最上級な材料をご用意してくださいました。

RIMG0322.jpg

 

 オイルを温め、バターと蜜蝋を加え、溶けた頃合いでお水を加え、最後に精油をブレンド。たったこれだけの作業ですが、それぞれの行程に厳密な手順と秘密と意味があり、古から受け継がれる賢者の智慧にただただ感心するばかりでした。

RIMG0381.jpg

RIMG0358.jpg

 

 温め

RIMG0363.jpg

 

 溶かし

RIMG0368.jpg

 

 お水を加え

RIMG0373.jpg



 精油を加え

RIMG0376.jpg

 

 容器に移せば完成です。

RIMG0378.jpg

 

 「綺麗に乳化させるのはなかなか難しいのですよ」とは講師の平垣様の弁でしたが、本日の参加者の皆様は1人も失敗することなく、見事に乳化を成功させていました。もしかしたら古の賢者の御加護でしょうか? ありがとう、聖ヒルデガルドさん。

 出来あがった軟膏(クリーム)を肌に塗れば、すぅーと驚くほど自然に肌に馴染んでいきます。
 少し遅れて芳しいオイルの香りがほのかに漂い、肌には見る見る間にハリとツヤが。
 「心身共に癒すことがフィトテラピーの目的です」と仰った平垣様のお言葉の意味がよく分かりました。

 今後も集落丸山では様々なイベントやセミナーを開催していきます。
 詳細は集落丸山のHP上や当ブログ上でアップしていきますので、御期待ください。

 御参加頂きました皆様、そして大変お世話になりました講師の平垣様とスタッフの皆様、
 本日は誠に有難うございました!

IMG_6195.jpg

 

« 2011年1月 | メインページ | アーカイブ | 2011年4月 »

ご予約
ページの先頭へ