丹波篠山の宿は集落丸山で。限界集落を再生した古民家の宿で古きよき暮らしのひとときをご堪能ください。

目次へ

集落丸山ブログ

2011年11月アーカイブ

今年一番の寒さ到来

集落丸山 (2011年11月22日 18:05) | コメント(0)

 今日は日本中が寒気に包まれ今年一番の寒さを記録しているそうです

丸山でも朝6時過ぎで3℃の気温でした!

確かに久しぶりの寒さで辛い朝でした。すっかり山も色づきこれから落ち葉が舞い散ることでしょう

お宿や畑も冬支度しなければいけません

ストーブの薪木や湯タンポと暖を取る器具など用意をいたします。

辛く厳しい寒さがやって来ますが、冬景色も綺麗でいいものです

クリスマスキャンドルやお正月のしめ縄や門松など冬の丸山もオツなものです

ずっと昔に比べると過ごしやすい冬だそうです

師走と正月でお忙しくなられるでしょうが、ゆっくりお泊りにお越しになりませんか?

冬景色の美しい山里の丸山が寒さと共に懐かしいひと時をご用意いたしお待ちしております。

年末年始のご予約は人気です、どうぞお急ぎください。

CIMG0651.JPG

 

 

わらやねワークショップ開催しました!

集落丸山 (2011年11月 9日 11:48) | コメント(0)

 11月6日(日)、あいにくの雨模様、ぎりぎりまで判断を迷いましたが、思い切ってワークショップを開催いたしました。なんせ、この日まで丸山の専任大工のようなT氏が体力、精神力の限界まで挑戦して準備してきたのですもの。雨天中止なんてどう考えてもありえない選択肢です。

お天気を案じてキャンセルされたお客様もあり、それでもちびっ子もたくさんやってきて、午前10時過ぎ和やかにスタートしました。まずはわらの編み方について教えていただきます。苫編み(とまあみ)とよばれるこのシンプルな技法は、小倉百人一首の一番最初の句※にも詠まれるほど歴史の古いものです。腰に巻いたらフラダンスも踊れそうです。

 ※「秋の田のかりほの庵の苫をあらみわが衣手は露にぬれつつ天智天皇

P1010502.jpg

 

それでは実際に編み方を教えていただきましょう

P1010503.jpg

「まずは、パスタ250g分ほどのわらを左手に持ち…」と、テノールヴォイスが魅力的な講師の相良氏。

 わかりやすい指導の下、みんなでわらにまみれて編みます。必要な道具は「手」だけです。P1010506.jpgのサムネール画像

時折小雨が降ることもありましたが、雨宿りするようなことはなくて、いちいちホッとします。

村のお母さんが早起きして作ってくれた豚汁と、丸山の新米のおにぎりでお腹を満たした後は「男結び」に挑戦。わら(茅)を屋根に結び付けていくときに最も基本となる縄の結び方です。
全員小屋の中に入り、相良先生の右に背の順に並んでバーレッスン。

 

P1010513.jpg

これができなきゃ、男じゃない?!いやいや、女子も負けてません。

最後は皆が編んだ「苫」を屋根に葺くデモンストレーション。ここは職人作業を見学のみ。参加者からは熱心な質問が投げかけられました。お家に帰ったら、まずは犬小屋やポストをわら屋根にしてみましょうか?

 

P1010520.jpg
内側からも熱心に観察中。

本日の作業はここまででした。
大人たちは楽しく語らい、こどもたちは時折ヤギのハナに餌をやったり、サワガニやドジョウを捕まえたり、わきあいあいとゆる~い雰囲気の半日がすぎました。ご参加の皆さん、ご満足いただけたでしょうか?晴天だったら、朝から焼き芋の用意ができたのに、とそれだけが心残りでした。
ご参加の皆さま、講師の相良さんはじめ「くさかんむり」の皆さま、ありがとうございました!

天候の不具合で未完成の屋根は後日仕上げます。職人さんが来られる日が決まりましたら本ブログにてご案内申し上げます。お時間のある方はぜひ「絶滅危惧種」である茅葺職人とその技を見学におこしください。

 

 

 

 

小屋作り わらやねワークショップ準備中!

集落丸山 (2011年11月 1日 22:43) | コメント(0)

 11月6日のわらやねワークショップの開催に向けて10月の頭から少しずつ小屋作りが進められています。わら屋根を葺くべく小屋に選ばれたのは、40年以上前に立てられたブリキの鳥小屋。最近までは主に薪小屋として使っていましたが、ほの穂とフロントショップの間にある立地のよさから、これを改装して丸山を訪れてくださった方が気軽に寛いでいただいたり、新しい企画をねったり、いろんな用途に使える東屋(小屋)に作り変えることになりました。

これがその小屋!さびさびですが味わいのある建物です。

 

before.jpg

 

まずは中にある薪の移動…思いの外大変でしたが、こうした作業が「今まで手をつけていなかった場所」に新しい空気をいれるきっかけとなりました。

 

次にみたとき、小屋は半分裸に。ちょっと寒そう。
さびを落とし、お掃除お掃除。

 

half naked.jpg

 

雨が降ってきたので、ブルーシートではなくてオレンジシートをかぶせてみたら何だかとてもかわいらしい。
もう新しい空間が誕生しました。orange sheet.jpg

新しい小屋でさっそくMTG。素朴なランプとテーブルを置いて、寛ぎ空間が生まれつつあることを確信。
携帯コンロでコーヒーを入れて、ほっこり。

 

orange roof.jpg

 

 

さびだらけの鉄筋に真っ白のさび止め塗装をほどこしました。木枠は新しい屋根のラインをイメージするために仮設したもの。こんどは小さなチャペルのような趣?!

church like.jpg

11月に入り、鉄筋を取り囲むように古材の柱や梁が見えてきました。ワークショップまであとわずか。T氏が一人奮闘中。今日はヤギのハナも一緒に皮むきをお手伝い。

peeling.jpg

 

壁や床はまだ少し後になりますが、ここにすてきなわら屋根が乗って、どんな完成が待っているのか今から楽しみです。ワークショップの方はまだいくらか余裕があります。11月6日(日)どうぞお誘いあわせてお出かけ下さい。

 

 

« 2011年10月 | メインページ | アーカイブ | 2011年12月 »

ご予約
ページの先頭へ